スキャルピングする上での利幅目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日2記事目です。

 

最近は気分よくプラス決済で終わる事ができる事が多いので
自分がスキャルピングする上で、利確する目安を書いてみたいと思います。

スキャルピング利幅の目安

取引方法には、デイトレードやスイングなどありますが
初心者の方がまずFXに手を出してみるとやってみるのが、スキャルピングという人が多いと思います。

 

スキャルピングが何かわからなくても、早々に決済して逃げるので、結果スキャルピングという感じかも。

 

スイングトレードとは違い、スキャルピングは細かい利幅で数多く稼ぐ事が真骨頂で
1pipsや5pips程度の利幅を1日に何回も何回も行い、利益をどんどん増やしていく方法です。

 

 

自分の利幅目安としては

1pips・・・まぁ、こんなもん
3pips・・・よしよし、いい感じ
5pips・・・やったぜ迷わず決済
10pips・・・マジか!即決済だぜ!

こんな感じです。これが目安です。

 

 

トレードできる時間帯や、チャートに貼り付けるタイミングは人それぞれ。
自分の場合は夜にエントリーする事が少ないので、どうしても仕事の休憩中やちょっとしたサボり中になるため
どうしてもスキャルが多くなります。

 

5pips以上取れているなら、迷わず決済し相場から離れることが多いですね。
ロングでエントリーしてて、上値が重いと感じたら、1pipsでも決済。そんな感じです。
決済が早すぎて後悔もあるし、逃げポイントが良かったと思う事もあるし
こればかりは本当にわかりません。

 

 

スキャルピングは疲れる!

1日に何回もチャートを確認し予想し、いけると思うタイミングでエントリー
これを何回も何回も繰り返す。
プロトレーダーの方でスーパースキャルパーの方は1日に100回単位で行うようです。

 

そんなの嫌だ(笑
日中仕事しながら、夜は家の事もあったり
仕事の付き合いや友人の付き合いなど、いろいろあるでしょう。

 

常にお金の事ばかりを意識しずーっとだなんて疲れません?
個人的には無理です。精神的によくないですよ。
勝ってる時はいいけど、金額にもよりますが、含み損がある時の精神的苦痛は耐えがたいものがありますからね。

 

 

 

自分が意識しているスキャルの手法

こんな偉そうな事を言えるような立場でもないのですが
少しでも参考にしていただけるなら・・・程度に書いてみます。

①基本は順張りしかしない
トレードの流れでは、上げ方向・下げ方向しかありません。
まずは大きく4時間足などから大きなトレンド方向を確認。
1時間足、30分足、15分足など徐々に狭めていき流れを見ていきます。

 

②短期と長期の流れを見る
15分足、5分足などの短期トレンドと、4時間足は日足などでは
見る時間帯によってはトレンドの捕らえ方がガラッと変わります。

4時間足や1時間足で、個人的な水平ラインを引きレジサポを決めます。
このレジスタラインやサポートラインも、前日実績とかも確かに意識はしますが
特に意識しているのは、まさに今の現状、生で動いているチャートを見ながらなので
各個々人で感じ方や引く水平線もさまざまと思いますので、なんとも言えません。

己の経験からくる直感や、勉強してきた内容からラインを引いてみる数値をを信じてください。
それは100%確かなものではないかも知れませんが、自分にとっての根拠となるはずです。

でも、大きな時間足でのトレンドに順張りは、救われる事が経験上多い気もします。

 

③スキャル意識なら相場から離れない
スキャルは細かい利幅を意識したトレードです。
自分で決めたラインまでいけば万歳ですが、毎回そうならないですよね。
少しでも利益が出たなら決済。
スキャルメインに取引をするのであれば、負けないためにはマイナスにならない決済が大切な事だと思います。

 

④意外と自分の直感が大切
これ、なんとも言いがたいんですが、損切りや利確が早すぎて後悔する事もありますが「
ヤバいかなぁ・・・という直感って、案外当たるものです。
心当たりある方や、賛同してくれる人もいると願いたい(笑

 

ヤバイと思う時は迷わず損切りをする。結果としていい方向になってくれる事は多いように感じます。
こればっかりは経験から来るものも、あるかも知れません。

 

 

XMにはdemo口座もあるよ

 

XMのように、低資金で巨額のトレードが可能になる事は
一気に稼げる可能性もあるし、一気に負ける可能性もあります。

 

その辺りは、自分の証拠金と相談しながらになると思いますが
国内FX業者に比べれば断然有利な条件でしかないため
とりええず練習がてら、って方もdemo口座からやってみるのもいいと思いますね。

 

demoなら、自分が実際にエントリーしている10万通貨や100万通貨の値動きも体感できると思いますので。

 

でも、demo口座は自分の資金が痛くないので、何となくという軽い気持ちがあり
真剣に向き合えないエントリーがあると思うので、あまり成長という面では個人的にはオススメしません。

 

「体感」という意味では、相場感やlot数による動きを感じ取るのにはいいと思います。

 

なんか、ちょっと偉そうな事を書いてみましたが
結局は、未来の事は誰にもわかりません。
自分もわかりません(笑

 

いけそうだ!!というトレンドに乗る。
これが一番損しない方法だと思います。。。

 

底値や上値だけは根拠を決めて見立ててくださいね。

あくまでも手堅く。
マイナス決済を減らして、FXを楽しんでいきましょう!

 

 

いつもやっているスキャルの目安が伝われば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る