ダウ平均株価の方向に沿ってドル円をエントリーするFX手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株と為替が連動しているのは有名ですよね。
FXをやるうえでも株価のチェックも大切と言えば大切です。

今回の手法は通貨ペアがドル円になるのですが、具体的にはダウ平均株価が上がれば円安になり下がれば円高になりやすい特徴を利用する手法です。

ドル円はダウ平均株価に引っ張られやすい

絶対100%というわけではありませんが、ドル円はダウ平均株価に引っ張られやすい特徴があります。
日経平均もにたようなチャートになりますが、やはり日経よりもダウのほうがより濃いですね。

このダウ株価の動きと特徴を利用して行うトレード手法が今回紹介する方法となります。

 

 

まずチェックするのは前日のトレンド

この手法は、前日のダウ平均株価をよーーく観察します。
何に注意するかというと、ポイントは株価のトレンド方向、さらにトレンドの角度です。
このトレンドの角度がとても重要になり、トレンドの色合いが強くでる角度が急なほど、翌日の東京時間に影響が出やすいサインとなります。

 

 

エントリーのタイミング

まず、東京時間が始まる前の午前9時00分までに、前日のダウ平均株価のトレンドを確認してみましょう。
例として、強い株価上昇のトレンドだったとします。ドル円でエントリーするのは東京時間開始の9時00分を過ぎてすぐではなく
ちゃんと引っ張られている事を15分~30分程度、長くても10時00分までを観察時間とし、いけると判断したらロングでエントリーです。
少しでも迷いがあったり、重要指標がわかっているならエントリーはしません。

 

 

決済のタイミング

決済するのは遅くても午前12時00分まで。11時00分くらいに逃げてもいいくらいです。
自分は目標とするpispを取れなかったとしても、そこはちゃんと利益になっているのであれば決済をしちゃいましょう。

損切りは潔く、10~15pipsでも損になるなら、今回は引っ張られなかったと諦めてさっさと損切りすることが大事です。

今回は株価連動を意識した手法を紹介してみました。
研究すればするほど、さまざまな手法が出てくると思いますが、絶対100%というものはあり得ないため
自分にあったトレード方法を見つけてFXを楽しんでみてください。

 

 

少額資金でFXを始めるならここ

→→→ XM公式ホームページ ←←←

当ブログがオススメしているXMは海外のFX業者ですが、日本人トレーダーでは口座開設数No.1の超人気ブローカーです。
国内業者でやるのはハッキリ言って損です。何と言っても最大レバレッジ888倍、日本語完全対応、全取引注文100%執行、追証なしのゼロカットと
国内業者でFXやるのがバカらしくなるくらい、本当にオススメなんです。

以下のバナーからリアル口座を開設すればいきなり3000円のボーナス
また、入金額50000円相当で、500USD相当のボーナスも入り、5万円入金でいきなり10万円相当でトレードが可能です。
こんな業者、ほんとに国内にはないですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る