初心者必見!9時00分~12時00分、東京時間で細かく稼ぐ手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9時00分~12時00分、午前中の3時間に限る内容ですが
この東京時間の3時間帯は単調な動きをすることが多いため、せっかくなのでそのトレンドに乗って
細かく稼ぐという固い手法になります。

東京時間、午前の3時間はどちらか一方方向になる傾向がよくある

FXを初めて1週間もすると各時間帯の動きがどれくらい出るのか、少しは理解出来てくる頃だと思います。
東京時間の午前9時00分から12時00分までは、欧州時間やニューヨーク時間ほどではありませんが、相場としてはそこそこ動きます。
しかも動きが単調で、上がったり下がったりするわけでもなく、ジワジワとどちらか一方的に動く傾向が多く、相場のクセが掴みやすい時間帯とも言えます。
コツコツ稼ぐ派としては注目したい時間帯ですよね。

基本的にジワジワとどちらか一方的に動く傾向が強くなるため、9時00分からの相場が下げレンジならば12時00分頃までは、下げトレンドが続くということ。
もちろん指標が出て急激な値動きになる時もゼロではありません。金利政策など午前中に発表されることが多いため、指標が出た時や、事前に重要指標が出るとわかっている時はエントリーしません。
このように急激に変動するリスクもありますが、そのデメリットを考えてもこの時間帯の相場移動は単調でエントリーし易い相場と言えます。

 

 

エントリーのタイミング

午前8時00分や、その前後から合間を見てチャートをチェックし、その日のトレンドを把握しておきましょう。
通勤時間の電車の中とかでもいいです。
日足・4時間足・1時間足などで相場の流れを把握し、順張り方向でのエントリーを考えます。

先ほどでも書きましたが、事前に重要指標が出るとわかっている時や、トレンドがどちらかわからないようであれば
エントリーは見送ったほうがいいです。
9時00分過ぎにチャートを再度チェック、サラリーマンの方ならトイレに駆け込みましょう(笑
相場のトレンドが把握出来たら、10時00分くらいまでには一度エントリーをしてみます。

 

 

決済のタイミング

基本的にジワジワとどちらか一方的に動く傾向が強くなるため、自分でエントリーした逆方向の転換は考えていないはずです。
その様な時は、-10pipsでもなれば迷うことなく損切り。利益は+30pips、多くても+50pipsで止めておくのが無難です。

チャートに張り付けない日中働いている方は
指値  +30pips
逆指値 -10pipsくらいの設定をしたほうがいいと思います。

 

取引通貨が
1000通貨なら   利益300円、損益-100円
1万通貨なら  利益3000円、損益-1000円
10万通貨なら  利益30000円、損益-1万円

 

1万通貨程度のエントリーがバランスいいように思えますが、そこは個人のお財布事情と相談しながら
余剰資金でしっかり資産運用をお勧めします。
午前中に3000円の利益があれば、いいランチが楽しめますね(笑

 

 

少額資金でFXを始めるならここ

→→→ XM公式ホームページ ←←←

当ブログがオススメしているXMは海外のFX業者ですが、日本人トレーダーでは口座開設数No.1の超人気ブローカーです。
国内業者でやるのはハッキリ言って損です。何と言っても最大レバレッジ888倍、日本語完全対応、全取引注文100%執行、追証なしのゼロカットと
国内業者でFXやるのがバカらしくなるくらい、本当にオススメなんです。

以下のバナーからリアル口座を開設すればいきなり3000円のボーナス
また、入金額50000円相当で、500USD相当のボーナスも入り、5万円入金でいきなり10万円相当でトレードが可能です。
こんな業者、ほんとに国内にはないですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る