銀行などが仲値を釣り上げる朝に円安トレードしてみる手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

銀行などが仲値を釣り上げるために9時00分~9時55分ごろまで円安になる傾向があります。
その時間帯のみ限定になってしまいますが、ちょっとした上げトレンドが出るなら、その流れに乗ってしまおうという手法です。

この円安になる傾向は特にゴトー日と呼ばれる5・10・15・20・25・30日や月曜日、または月末になる傾向があります。
この仲値決めにのっかり、毎回ロング(買い)注文を出すという手法になり、午前の時間限定になるため、スキャルピングになります。

 

 

エントリーのタイミング

9時00分~9時30分ごろまでの動きが一番注意するポイントになりますが、日足や4時間足、1時間足など円安トレンドであれば
事前に8時30分くらいとかからでもエントリーしてもいいように思います。
ニュースや情報サイトで銀行に円が足りていないなどの情報が流れている場合でも円安傾向が強くGOサインですね。

 

ただし、注意すべき点は、円高トレンドが強いようであればエントリーを見送り、ボラリティが酷くどっちだかよくわからない時もエントリーを止めます。
あと、月曜日の窓が上で空いた場合で、空いた窓を埋めるような相場の動きがある場合も注意しましょう。

 

 

決済するタイミング

決済は手動スキャルピングが望ましいですが、チャート張り付きが出来ない方は、指値・逆指値を決めておくほうがいいです。
エントリー後、10pips下がれば迷わず即損切り、30~50pips上がればご馳走様。相場から逃げましょう(笑
円安傾向が固いとわかる相場にエントリーするからこそできる手法です。

 

手動でチャート張り付きができる方は、急な売りが入ったと思ったらすぐ逃げることも頭にいれておきましょう。
9時55分ごろまでを一つの目標として、トレンドの最高値で売ろうとせず儲かり売り逃げが大切です。
何回かこの時間帯でトレードをやるとわかってくると思いますが、一気に買いが入るタイミングがありますので、その瞬間に売り逃げしてしまうのが一番のコツです。

 

毎日午前中勝負でコツコツ戦法も、資産を増やすひとつの手ですね。

 

 

 

当ブログがオススメしているXMは海外のFX業者ですが、日本人トレーダーでは口座開設数No.1の超人気ブローカーです。
国内業者でやるのはハッキリ言って損です。何と言っても最大レバレッジ888倍、日本語完全対応、全取引注文100%執行、追証なしのゼロカットと
国内業者でFXやるのがバカらしくなるくらい、本当にオススメなんです。

 

以下のバナーからリアル口座を開設すればいきなり3000円のボーナス
また、入金額50000円相当で、500USD相当のボーナスも入り、5万円入金でいきなり10万円相当でトレードが可能です。

こんな業者、ほんとに国内にはないですよ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る