初心者におススメ!FXでゴトー日仲値トレード狙いでロングの手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXを手堅くやっていくためにはゴトー日を狙うという手法もあります。
毎月5と10のつく日のことをゴトー日といい、5日・10日・15日・20日・25日・30日が該当します。

なぜゴトー日が手堅くできるのか理由を見ていきたいと思います。

ゴトー日にやるエントリー方法

ゴトー日には海外との取引がある輸入業者など、決済のためにドルが必要になり、ドルの需要が高まる日と言われています。
また、9時55分には銀行のその日の為替レートが決まる時間で、銀行側が有利なレートにするために一時的にドルの需要が高まる時間帯になるようです。

 

ここで大切なのは、ゴトー日の9時55分は最もドルの需要が高まる時間と言えます。
この9時55分を見据えドル円をロング(買い)ポジションを持つことで利益を狙う手法です。

 

エントリーするタイミングとしては9時~9時30分ぐらいまでがねらい目。
日足、4時間足、1時間足などで上トレンドになっていれば、かなりアツいです!

 

もし、9時を過ぎてドル円が急落している相場の場合は、今回はエントリーを止め次回のゴトー日を待ちましょう。
相場がヨコヨコ、または右あがりなのであればエントリー。
注意点として、円高トレンドが強い時期であれば、この手法は使うことが出来ませんので注意して下さい。

 

 

決済のタイミング

ゴトー日の9時55分に最もドルの需要が高まる事は、多くのFXトレーダーが既に知っていることです。

 

同じようにゴトー日の仲値狙いでロングポジションを持っているトレーダーもたくさんいると思いますので、皆9時55分を狙い、一気に売りが入るパターンが多いです。
初心者としては、プロトレーダーなどと争うべきではないため、9時55分よりも少し前、9時50分あたりを見据え決済して売り逃げホクホクが望ましいです。

 

9時50分を過ぎてもまだ上がるようであればギリギリまでポジションを持ち続けても大丈夫と思いますが、あまり欲を出さず、いい利益が出ているところで決済しちゃいましょう。
もし、9時50分過ぎてナイアガラとまではいかないけど、一気に大きい売りが確認できたら、そのタイミングで決済して逃げる事も大切です。
確実に利益を出す事を重視し、ゴトー日の仲値狙いトレードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

土日は除き、毎月5日・10日・15日・20日・25日・30日が該当するため何度もチャンスがあります。
ゴトー日だけエントリーするという手法でもいいかもしれませんね。

 

 

 

当ブログがオススメしているXMは海外のFX業者ですが、日本人トレーダーでは口座開設数No.1の超人気ブローカーです。
国内業者でやるのはハッキリ言って損です。何と言っても最大レバレッジ888倍、日本語完全対応、全取引注文100%執行、追証なしのゼロカットと
国内業者でFXやるのがバカらしくなるくらい、本当にオススメなんです。

以下のバナーからリアル口座を開設すればいきなり3000円のボーナス
また、入金額50000円相当で、500USD相当のボーナスも入り、5万円入金でいきなり10万円相当でトレードが可能です。

こんな業者、ほんとに国内にはないですよ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る