ブレグジット イギリスEU離脱でFXではどう身構えるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんわ
今日は新しいカテゴリ、気になるニュースというものを新しく追加。

為替に思いっきり絡む気になるニュース
ようは情報を記載していけたらな、と思いこのカテゴリーを追加してみることにしてみました。

記念すべき1回目の記事はブレグジット。
気になっている方も多いと思うし、自分も大変関心がある内容です。

個人的な見解となってしまいますが、今後どのように身構えていくか
記事にしてみます。

まずは直近の情勢から

 

イギリスがジョンソン首相に変わっているのは、もーさすがに皆さんいいですよね?
で、先月末にも少し報道されましたが、期限の10月31日がそろそろ見えてきてきます。

取りあえず目に付いたニュースの記事をそのままコピペしてみます
—————————-
元記事:イギリスのEU離脱「ブレグジット」で日本が迫られる破滅的金融緩和
「ジョンソン首相に手詰まり感があるのは事実ですが、“離脱延期法”の効果も限定的。イギリスが離脱延期の交渉を持ちかけたところで、他のEU加盟国が承認しなければ、延期法も絵に描いた餅に終わる。
ジョンソン氏が積極的に交渉を行うとは思えず、承認が得られないまま10月31日を迎えれば自動的に“合意なき離脱”です」
—————————-

FXをやっている方は、やはりこの動きには関心があるはず
このまま合意なき離脱になれば、おそらくクロス円は円高に動くのは皆思っている事と思います。

 

ですが、じゃー実際どこまで落ちるのさ?
ここ、一番気になるところですよね。

 

未来がわかる人なんていないので、当然どうなるのか100%の確率で当てる事はできませんが
記事にもある90円台は個人的には、まぁ無いかなぁ・・・と

 

今のアメリカ中国の貿易摩擦が気になるとこではありますが
このブレグジットが終わらない限り、アメリカは今のままいくと思うんですよね。
アメリカというよりトランプさんは・・・と言ったほうがいいのかも知れませんが

 

仮に合意なき離脱になったとした場合、確かにお金が円に集まり落ちるかもですが
ここまでくると、さすがに市場も織り込み済みだと思うし、そこまで暴落するとは思えないんですよね。。。

 

こんな事を今書いてますが、実際90円台に入ったらさすがにヤバイと思いますが
今、円の評価って一昔前と比べてどうなんだろう?って視野も入れてもいいと思うのです。

 

世界恐慌がおこるだの日経平均が大暴落するだの、ドル円は90円台になるだの
いろいろ記事が出てきますが、個人的にはドル円は100円前半で収まるんじゃないか?などと思ってたりもします。
100円割ってもすぐ戻るでしょ、というのが今の個人的な見立てです。
このまま離脱したらの話ですけどね!

 

 

今から何を考えて行動すべきか

 

アメリカと中国の貿易摩擦や、期日が迫ってきているブレグジット
ファンダメンタルズの状況を見据え相場に入ってみる事はとても大事です。

 

 

このスクショは今日、10/3の20:26、時間足は日足です。
めずらしくザックリですがライン引いたスクショを撮ってみましたが
今後も要人発言や指標を見ながら、入るタイミングを見極めてみたいと思います。

 

アメリカの経済も徐々に下降気味ですよね。
107.250近辺あたりでショートしてみようかしら・・・なんて意識も出始めてますが
ここはじっくり様子見です

 

金で取引してたほうがいいかも?
なんて思いや後悔というか、ほんと相場は目が離せません。

 

今日も生意気ながら、初の試み気になるニュースを記事にしてみました。

 

それではまた

 

 

低額資金で同じようなトレードをするならここ

→→→ XM公式ホームページ ←←←

当ブログがオススメしているXMは海外のFX業者ですが、日本人トレーダーでは口座開設数No.1の超人気ブローカーです。
国内業者でやるのはハッキリ言って損です。何と言っても最大レバレッジ888倍、日本語完全対応、全取引注文100%執行、追証なしのゼロカットと
国内業者でFXやるのがバカらしくなるくらい、本当にオススメなんです。

以下のバナーからリアル口座を開設すればいきなり3000円のボーナス
また、入金額50000円相当で、500USD相当のボーナスも入り、5万円入金でいきなり10万円相当でトレードが可能です。
こんな業者、ほんとに国内にはないですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る