指値注文とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXを始めると、指値(さしね)注文という言葉を聞くようになると思います。
指値とは何か、詳しく見ていきましょう。

指値注文とは?

いざFXを始めてみてリアルタイムのチャートを見ているとします。
現在のレートよりも、上がったら売りで入りたいな、下がったら買いで入りたいな、など
今の状態から有利というか、自分で決めた価格で注文したい値段を設定し、あらかじめ注文を出しておく注文方法です。

現在の価格よりも安く買いたいと思った時はレートが下がってくるのを待ったり、現在の価格よりも高く売りたいと思った時にレートが上がってくるのを待ったりする場合に
この指値注文という注文方法を使います。

例えば、現在1ドル100円だったとして、今後1ドル=99円まで下がりそうだな…と予想した場合に使います。
指値注文というのは、この価格以下で買いたい、この価格以上で売りたいと、価格を指定して出す注文方法です。

仕事中で頻繁にレートがチェックできない時の場合、例えば下がりトレンドで「この価格にレートになったら売りたい」と思っていても
なかなかリアルタイムでエントリーが出来ない場合がありますよね。
そうゆう時に指値注文を出しておけば、相場を見れない時でも売買ができます。

指値注文は覚えておかべ使う機能になり、ちゃんと勉強すれば武器になりますので、是非しっかり使いこなしてもらいたい機能です

 

 

指値のデメリットは?

今すぐに買いたいのに、指値を設定したのでなかなか値段がそこまで到達せずエントリーできない場合があります。
そんな時は指値をやめ成行注文に切り替えてしまいましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る